press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/6

O Cha no Ma  -おちゃのま-                                                                                

兵庫県加西市の北条町旧市街地で、もともと酒まんじゅう屋さんの空家店舗を、新しくソーシャルキッチン/シェアキッチンにリノベーションしました。

人通りの多い角地にあるため、それぞれの通りに対して開口を大きく取り、町と一体となった様々な使い方ができるように計画しました。

また、道に面してテイクアウトスペースも計画し、歩いている人が気軽に声をかけられるようにしています。

内部はもともと古いお店にあった建具や壁などを再利用し、厨房と客席の配置もほぼ昔のままとすることで、以前のお店を知っている世代にも親しみやすく、また新しく利用する世代にもこれまでの時間を感じてもらえるようにし、これからも末永く愛され使われ続けるお店を目指しました。

建物の内外に連続して、もともと屋根の野地板に使われる安価な杉板を、短冊状にカットして柿渋で塗装し、1111枚の「ウロコ壁」として表現しました。「ウロコ壁」の裏側1枚1枚には、すべて、各人の願いや希望、加西市に対するメッセージなどが書かれています。人口の2パーセントの気持ちが変われば町が変わる・・そういう皆の気持ちがこの建物には込められています。

(※加西市の人口は現在約45,000人)

用途・規模                           

店舗・木造二階建

所在地                                 

兵庫県加西市

竣工                                    

2018年

​施工                                    

スガハラ建設株式会社

+自主施工(DIY)