press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/20

殿原の家                                                                                                       

兵庫県加西市の市街化調整区域で、お施主さんが生まれ育った土地の一部に、平屋のコンパクトな家を計画しました。

主な部屋は、朝方から夕方までの長い間、高窓から入ってくる光に満たされ、とても明るく居心地の良い空間となります。
また、年令を重ねるにつれ家の中で過ごす時間が増えても、季節の移り変わりや周囲の自然への開放感が感じられるように、空・周りの木々・遠くの山々に視線が抜けるよう窓を配置しました。


間取りはすべての部屋が引戸で仕切られ、それぞれが緩やかにつながるワンルーム的なつくりとし、建具の開け閉めをすることで、季節や状況によって空間の広さを変えられるようにしています。
水廻りもコンパクトにまとめ、建具を開けると洗面・脱衣所と室内物干し場を一体に使えるように計画しています。

 

用途・規模                           

住宅・木造平屋建

所在地                                 

兵庫県加西市

竣工                                    

2017年

​施工                                    

​株式会社 伊藤製材所