1/18

田原の家                                                                                                       

兵庫県加西市で、若いご夫婦と二人のお子様のために、お施主さんが持つ広い農地の一画に平屋の家を計画しました。

南に開けた見通しの良い敷地に建つ家として、建物を「L」型に配置し、南に向けた大開口には外部ブラインドを設置することで、外からの視線を緩やかに遮りつつ、周囲の山並みや田んぼの風景といった自然を日々感じられるようにしました。
また、季節に応じて太陽の光や自然風などの環境エネルギーを、室内にたくさん取り入れることのできるように各部屋の開口部を設けています。
建物の裏側には、内部と外部の両方からつかえる倉庫も計画しました。

間取りは、天井高さを確保した開放感のあるリビング・ダイニング・キッチンを中心として、そこから、寝室・クローゼット・子供室や水回りにすぐにアクセスできるコンパクトな計画としています。
各部屋はそれぞれ引戸で仕切られており、季節や家族状況の変化に応じて、柔軟に使われるような想定をしています。
また、リビングに面してイロハモミジが植えられた大きなデッキを計画し、気候の良いときには家族皆でBBQを楽しんだり、子供と一緒に遊んだり、近所の人と話す井戸端会議に使われたり・・・などなど、様々な賑やかな行動を創出します。

 

用途・規模                           

住宅・木造平屋建

所在地                                 

兵庫県加西市

竣工                                    

2018年

構造設計                              

(有)ワークショップ名古屋事務所

​施工                                    

株式会社匠建築工房